人の一生の中で家造りは大きな出来事といえるでしょう。このため無事に家屋が完成し、住んでからも何も災いもなく、一家が幸福に過ごせるようにと、昔から様々な儀礼が行われて来ました。

地鎮祭とは

建物を作る前に、その土地に鎮まる神々にご挨拶し、土地を祓い清めるお祭りが地鎮祭で、「とこしずめのまつり」「じちんさい」また地祭(じまつり)、鍬入れ式などと呼ばれます。土地の神様をお招きして海の幸、山の幸をお供えし、お祓いのあと施主や工事関係者が工事の無事を祈りながら、昔の習わしに従って種々の所作を行うことで、着工の奉告をします。

上棟祭とは

 土台の基礎工事が終わり、骨組みを組み立てて棟木をあげるときに行われるのが上棟祭(じょうとうさい)です。このお祭りは「棟上(むねあ)げのまつり」とも「棟上げ」「建て前」ともいわれます。祭典では家屋の守護神および工匠の神をまつり、新築される家に災いが起こらないようにお祈りします。

竣工祭とは

 立派に家が完成したことを神様に奉告し、家庭の安全を祈るお祭りが竣工祭です。一般住宅の場合は、「宅神祭(たくじんさい)」「新宅祭」「屋敷祓い」などと地域によっても名称が異なります。最近は地鎮祭だけで、上棟祭や竣工祭を略してしまう家庭もあるようですが、地鎮祭で工事の無事を祈ったのですから、工事が無事に終わった時にも、感謝の気持ちを神様に奉告しましょう。

なぜ建築に際してお祓いをするのか

科学技術が発達した現代においても、自然の猛威の前では為す術がありません。古来の日本人は自然現象を畏怖し、自然の恵みに感謝をしながら、自然界のあらゆるものに神様がいらっしゃると考え、畏敬の念を持ち生活してきました。土地を登記した証書を「権利書」といいますが、「権」という漢字は、「仮のもの」という意味であり、たとえ自分が所有する「土地」であっても、元々は神様のものであり、神様の土地を使わせていただいていると私達の祖先は考え、慎ましくも麗しい心のあらわれがお祭り(お祓い)という形で今日までも伝えられてきました。

 地鎮祭をはじめ、建築に関するお祭り(お祓い)をする事は、神様にご了解を頂いて、震災や水害などにも揺るぐことなく、末代まで平安でありますようにと願い、建築に関わる全ての人が無事息災で、施工に当り滞ることなく完成する事を祈り、敷地全体を清々しく祓い清めます。

 頭之宮四方神社の「四方」とは、東西南北の四つの方向を指し、四方八方まで隈なく御神徳が広がる事を意味していることから、古来より災い除けの神様としても信仰を集めており、一生の中でも大事業である新築に際して、誠心誠意ご奉仕申し上げます。

 当神社では地鎮祭などの出張祭典もご奉仕致しますので、お気軽にご相談下さい。

社務所0598-72-2316

small logo

Copyright(c) 頭之宮四方神社 All Rights Reserved.