頭之宮四方神社 天王祭特別祈願祭特設サイト

頭之宮四方神社
ホームページへ

疫病退散
 五穀豊穣を祈る

天王祭特別祈願祭


令和14日斎行

天王祭

疫病退散・五穀豊穣を願う

夏のこの時期は、災害や疫病、田畑の害虫発生等とかく災いが起こりやすい季節であり、それらを鎮めるための神事として古来より行われたのが「天王祭」の始まりです。地域によっては「祇園祭」とも呼ばれます。

かつて全国に疫病が流行した時、牛頭天王(素戔嗚尊。天照大神の弟)のたたりであるとされ、全国の国の数に応じて、長さ二丈ばかりの鉾、六十六本を立てて祭礼を行い、洛中の男児が神輿を送って、疫病退散を祈りました。
「天王祭」という語源は、この牛頭天王から由来し、災厄を祓い、五穀豊穣を願う祭りとして、今に受け継がれています。

頭之宮の天王さん

頭之宮四方神社でも、毎年714日夜に「天王祭」を斎行しております。

昭和30年代までは、氏子の人達がたくさん浴衣姿で参拝をいただきましたが、現在では、総代さんの列席のもとに、氏子民の平安と氏子地域の疫病退散・五穀豊穣を神様に祈念して、今も受け継がれています。

また当神社では、昔から天王祭には、「三粒でも雨が降る」と言われ、714日は必ずと言って良いくらいに、パラパラと雨が降ります。

果物 当神社の天王祭は夜間に斎行します。
一般の方の参列・見学はできません。

オンライン祈願

祈りの輪を広げよう

天王祭は、夜間に斎行しますので、一般の方の参列・見学はできません。しかし、本年は新型コロナウイルスの流行があり、皆様方と一緒に疫病退散、無病息災、そして五穀豊穣を祈りたいとの思いからオンライン祈願を行います。
あなたの願い事を、下記フォームよりお送りください。天王祭にて心を込めてご祈祷させて頂きます。
メッセージ受付完了後に表示される特別御朱印引換券の画像を保存したもの(印刷、スクリーンショット画面も可)を当神社社務所にてご提示頂いた方に、『天王祭特別御朱印』(初穂料:1,000円)を授与いたします。

※特別御朱印の授与は、
 令和2715日から1031日まで

天王祭特別ご朱印

天王祭は素戔嗚尊の神事になりますので、厄災を祓う「蘇民将来」という言葉を伝えたという伝承にあやかり、朱印のデザインに取り入れました。(夏越の大祓えの中で茅の輪くぐりがありますが、その時も「蘇民将来」と唱えながら茅の輪をくぐります。)また、左右見開きのサイズで、一つのデザインとなっております。
天王祭当日の日付を書き入れてお渡しいたします。

ご朱印のデザイン:書家 伊藤潤一 氏 (ホームページへ) ご朱印見本
初穂料
1,000円
授与時間
830分~1700
授与期間
令和2715日から
1031日まで
※印刷一枚紙にて授与します。
 帳面への直接記載はいたしておりません。

祈願フォーム

ご祈願の受付は終了いたしました。

あなたの願いを神様にお伝えします。コロナ禍の一日も早い終息やご家族の無病息災、医療従事者の方への思いなど、あなたの願いをお書きください。

下記フォームに必要事項及び願いごとを入力し、「送信」ボタンをクリックしてください。当神社より特別引換券を授与いたします。『天王祭特別御朱印』(初穂料:1,000円)をご希望の方は、授与しました特別引換券の画像を保存(スクリーンショット画面でも可)または印刷して、令和2年7月15日から10月31日までに当神社へお持ちください。

*は必須項目となっております。

氏名
氏名
(ふりがな)
生年月日
   
住所
願いごと

ご祈願の受付は終了いたしました。
天王祭特別御朱印授与期間:令和2年7月15日から10月31日まで

頭之宮四方神社
について

頭の神様 おかしらさん

日本で唯一のあたまの守護神・知恵の大神。
平安京を造営された第50代・桓武天皇の後裔そのご神霊を主祭神としております。
詳しくはホームページをご覧ください。

頭之宮四方神社の位置マップ 頭之宮四方神社の位置マップ