御祭神

平安京を造営された第五十代・桓武天皇の後裔(子孫)。

そのご神霊を主祭神としてお祀りしています。

御鎮座

建久2年(1191年)

 御由緒

当神社の傍(かたわ)らを流れる渓流「唐子川」の奥に、恐ろしい岸壁が聳(そび)え立つ高い山の上に、「中将倉(ちゅうじょうくら)」と呼ばれる処があり、そこは昔「唐橋中将光盛卿」が居城を構えていた処であります。

本社の義、或る日、村の子供達が社地を流れる唐子川にて遊んでいると、川上より髑髏が一つ流れて来るのを見つけ、子供達は何気なく拾って水に浮かべて戯(たわむ)れて遊んでいる処に、たまたまそこを通り合わせた此の村の老人が之(これ)を見るや、子供達に向かって「不浄なり」と諭し、その髑髏を捨てさせて子供達を各家に帰らせた。

然(しか)るに老人はその処を去らずにいると、その老人は見る間に気が狂い始めて大声で何事かを語りだした。

曰(いわ)く、「予は唐橋中将光盛なり。今此の辺りにて童子を相手に楽しく嬉戯(きぎ)しているにも拘(かか)わらず、汝来たりて予に向かって屈辱を加え遊びを妨げた。若し、予の髑髏を崇め祀らわば、汝の乱心を止め、萬民(ばんみん)に幸福を与え、永く守護する」と宣(のたも)うた。

それを村人が聞きて大変畏怖敬心を発し、深く老人の非礼を謝し、神託の随々(まにま)に現今の社地に神殿を造営して髑髏を祀ったのが、今の頭之宮四方神社であります。

以来、霊験あらたかなる事たびたびあり、特に首より上部に当り之を祈るに、不思議にも神助の顕著なるにより、誰云うとなく頭之守護神・知恵之大神として尊崇をなし、その広大無辺なる神佑(しんゆう)を称賛賛美するに至りました。

社名の「四方」とは、東西南北の四つの方向を指し、四方八方に至るまで隈なく御神徳が広がる事を意味しており、「方位除け」「厄除け」にも御神徳があります。

 

 

small logo

〒519-3111 三重県度会郡大紀町大内山3314-2

TEL(0598)72-2316 FAX(0598)72-2516

Copyright(c) 頭之宮四方神社 All Rights Reserved.