境内のご案内

❶ 本殿

御祭神・唐橋中将光盛卿がお祀りされている。平成9年11月1日「平成の大造営」にて新しい本殿が完成しました。

❷ 拝殿

本殿前にある参拝を行う建物。神様にお願い事や感謝の気持ちをお伝えする所。御祈祷の際は拝殿内にて祈願祭を執り行います。

❸ 頭之水(知恵の水)

頭之水(知恵の水)と呼ばれる御神水。2月第1日曜日には、水取神事(如月神事)が執り行われる。

❹ 奉石所

お願いをする時は丸い白石、お礼参りには丸い黒石を奉納します。別名「お誓い石」として親しまれています。

❺ 頭之石(お頭さん)

頭之石(おかしらさん)は、よく見ると幾つもの顔を持っており、自分の頭や身体を祈りを込めて撫でて、石の力を戴く撫で石です。

❻ 御滝

境内から唐子川越しに見える一条の滝。滝に打たれ禊をする代わりに、滝を拝み心身を清めます。

❼ 御神木

天に向かってそびえる苔むした杉の木。古来より大切にされています。

❽ 絵馬掛(奉納台)

授与所で戴いた無地絵馬に願い事を記し、この台に奉納します。

❾ 社務所

神社の事務一般を神職が執り行う所。

❿ 授与所

御祈祷のお申し込みや御守の授与を行う場所。

⓫ 木瓜(ぼけ)の庭

木瓜は別名「長寿楽、長寿梅」とも呼ばれ、木の実を服した途端に子宝に恵まれた子宝伝説や種々良きご縁を結び福運来訪へ導くといわれています。「幸運」を戴き「ボケ」ずに頭スッキリと、また素晴らしいご縁を願って造られた庭で春(2月末唐4月)には美しい花を咲かせます。

small logo

Copyright(c) 頭之宮四方神社 All Rights Reserved.